2010年05月30日

いばらの王 感想

もう公開終了してますがちょっと前に見てきたので感想を書きます。
ネタバレを含むので続きへ。

こういった中二設定の映画は好きなので見に行ってきました!

この映画は演出等を楽しむのではなく
設定とその謎を楽しむ映画っぽいです。
時々入るめちゃもて委員長ばりの3Dモデリングを気にしてたら始まりません。

最後のどんでん返しで衝撃を受けたと同時に古城でトラウマを克服し勇気を出したカスミは
シズクの生み出したオルタナティブで理想のカスミという存在だっただったと考えると。。

シズクにはカスミの代わりになるという意識があると考えると
あの時死んでしまったカスミの代わりに
シズク自身がオルタナティブによってカスミに成り代わってたのかもしれないと考えましたがよくわかりません。

そしてマルコさんがかっこいいです。
とにかくいろいろ考えさせられる映画です。
結構面白いです。
posted by はちぷろ at 23:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ■映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック